News

サロモンスキー、ならびにアトミックスキー ビンディングトゥピースのリコールについて
【2009年10月20日】
アメアスポーツコーポレーションのグループであるサロモン(Salomon SAS、本社:フランス)、ならびにアトミック(Atomic Austria GmbH、本社:オーストリア)は、両ブランドが製造、販売した一部のスキーのビンディングトゥピース(取付金具のつま先部分)を対象に、本年11月6日(金)よりリコールを実施いたします。

対象となる製品は以下のモデルです。


【対象となるモデル名、製造期間、および日本での販売期間】

SALOMON LZ9 (サロモン エルゼット9)

製造期間:  2008年7~10月
日本での販売期間: 08年11月~09年10月頃


ATOMIC Evox2.8 (アトミック エボックス2.8)
製造期間: 08年7~10月
日本での販売期間: 08年11月~09年3月頃

※販売期間は各販売店の在庫状況により若干異なります。



上記モデルのトゥピースは、特定の条件下においてスキー滑走中に十分な強度でスキーブーツを保持できないという不具合が生じて誤解放を招く恐れがあり、最悪のケースでは滑走中に転倒、あるいは怪我を負う危険や、外れてしまったスキー板による第三者への傷害を含む事故を引き起こす可能性があります。

なお本日現在、日本において該当商品による事故の発生はございません。

全世界での自主回収業務開始に伴い、日本法人である当社でも該当する製品をお持ちの日本のお客様を対象として、全国のサロモン、アトミック両正規販売店を通じて無償交換を行います。代替商品の準備や全国正規販売店での準備の都合上、お客様への対応は本年11月6日(金)より開始いたします。

なお今回の自主回収実施に伴い、サロモン、アトミックのオフィシャルサイトでの案内や、スキー専門誌、スポーツ業界紙への情報公開の依頼を実施いたします。また全国のサロモン、アトミック両正規販売店店頭での案内ポスター掲示や各地スキー場でのポスター掲示、加えてゲレンデ併設のオフィシャルレンタルスキーショップ「サロモン・ステーション」、「アトミック・ステーション」での情報提供など、お客様への周知徹底を図ってまいります。


【問い合わせ先】
電話番号 0120-871-737

※別途フリーダイヤルの設置を予定しています。番号確定後、各ウェブサイトやポスターなどでご案内いたします。
※フリーダイヤルは11月6日(金)までに設置いたします。


【ウェブサイト】




【関連書類】

  


今後このようなことのないよう製品開発や製造、品質管理をさらに徹底し、また日本においても安全且つ信頼性の高いサービスをさらに拡充してまいります。