メインコンテンツに移動

NEW 熊崎圭人 ~撮影という新たな世界へ~

熊崎圭人 ~撮影という新たな世界へ~
以前はハーフパイプのナショナルチームに所属し、
コンテストシーンで活躍していた熊崎圭人。
KEITO KUMAZAKI

寡黙で少々とっつきにくいイメージのあるケイトですが、
スノーボードをしているときの笑顔はとてもさわやかです。
20代の中盤にさしかかったケイトが今考えていることとは!?


 はじめにケイトにとって先シーズンは、
どんなシーズンになったのかを聞いてみました。

「シューティングに集中したシーズンでした。Lifestyleの撮影に参加させてもらって(鈴木)翔太君や(越路)太郎さんと
一緒に動けたことはスゴくプラスになりました。

なんていうか“プロ”って感じを改めて感じたし、
滑り手も一発でバンバン決めていくから効率がいいっていうか……。

チームシューティング以外の本格的な撮影に参加するのが初めてだったので、
思うように絵は残せなかったし、パウダーにこだわってるクルーだったから
雪が少なくて撮影回数も少なかったんですよね。
でも、そのなかで自分なりに『良い』って思えるカットが残せてよかったです。
KEITO freeriding


どうやったって俺は俺なのでいろんなことに囚われず、
自分ができることを思うがままにやろうって
決めていたのがよかったのかもしれないです。

先シーズン、スゴく印象に残っている一本があるんですけど、それは山形・鳥海山をモービルで上がったときのことです。
そこはめちゃくちゃデカイ斜面で斜度もキツくて先が見えないような場所。
こういうところを滑るのは初めてだったので、ワクワクとドキドキが止まらなかったです。
とにかく最高でした!

これからもこういう所を滑りたいし、こういうロケーションで撮影をして
DVDのパートを獲りたいって考えています!!」
KEITO portrait


新しいフィールドに確かな手ごたえを感じたケイト。
まだまだ伸び盛りの彼は、この経験を活かして今後も成長するはずです。



先シーズン行ったSALOMONのチームシューティングにて、パウダー~パークまで、ほぼすべての撮影に参加したケイト。

そのときの様子をこのように話してくれました。

「……面白い人が多いからスゴく楽しかった(笑)
それにスノーボードに対して真剣な人が多いから学ぶことも多いです。
KEITO team shoot raiding



バックカントリーでの技術とか向き合い方とかは
中井くんに教えてもらっているんですけどかなり勉強になります。
まだまだ覚えることだらけですけどね(笑)。
KEITO team shoot portrait


シーズン後半にやったパークでのシューティングは、
パウダーでの撮影とはまったく雰囲気が違ったのが印象的。
KEITO team shoot hp


いつもは年上の人と滑ることが多いので、
自分が最年長っていうのがちょっと変な感じでした。
よくわかんないけど、“頼られてる感”っていうか(苦笑)。
でもこれからは、こういう機会も増えるだろうから勉強になりましたね。
KEITO team shoot portrait02


トシキとタツキは一緒に動くことがほとんどないから新鮮だったし、
勢いのあるふたりにプッシュされてる感じが良かったです。

撮影中、タツキが調子悪そうだったんですけど、
『自分のペースを崩さないことが大事!』……って言ったような言わないような(笑)
ケガって自分のペースが崩れたときになるから……。
やっぱりケガしたらつまらないですからね!

でも一番伝えたいことは、
若いライダーたちにもっと遊びに行って欲しいってこと!
もちろんパーティーに(笑)。

スノーボードって楽しい遊びだと思うので、
もくもくと滑り続けるのもいいけど、
テンション高めで楽しく滑るのって重要だと思います」

チーム内でちょうど真ん中の世代になり、
感じることも考えることも増えてきたケイトだからこその答え。
成長し続けるチームを感じられて、こちらも嬉しくなりました。


最後に今ケイトが感じていることを聞いてみました。
「今って、コンテストを見ているとトリックが
スゴイことになってるじゃないですか、トリプルとかクワッド!?とか。

やっていることはスゴイと思うけど“板に乗れてる”ってことが大事だし、
“個性”や“自分の色”みたいなのが重要だと思うんですよね。
それがカッコ良くて、楽しいスノーボードだと思うので。

だから、ゲレンデでジャンプやジブ、グラトリをひたすらやってる人を見て
ターンやフリーランの面白さにも気づいて欲しいって思います。
そのほうが楽しさの幅が広がるし、上手くなると思うので!」

KEITO team shoot hp02

スノーボードの新たな一面に触れて、
滑りの幅が大きく広がったケイト。

年を重ね、上の世代からたくさんのことを吸収しながら、
下の世代に伝える立場になったことでさらに成長するはず!

ゆったりと大きな滑りで観ている人を魅了するケイトは、
今シーズンも車中泊でいろんな場所に出没すると思うので、

ゲレンデで見つけたら、こっそり追いかけてみてください。
スゴく楽しそうに滑っているのが見れると思いますよ~!


KEITO team shoot portrait03


NAME: 熊崎圭人
DOB: 1991-05-26
BIRTH PLACE: 岐阜県

2015/10/08 11:59:00に更新